営業時間減らし売上アップ

働き方革命から独立起業

営業時間減らし売上アップ
<br>働き方革命から独立起業

営業時間減らし売上アップ

働き方革命から独立起業

絶好調國利翔 3つのポイント

  1. やりたいことが見つかった、オレは経営者になる!
  2. 会社を変えて会社を守る。休みを増やして働き方革命
  3. 新規事業もスタート、夢は店を通じてもっと仲間を増やすこと

飲食未経験、ドリンク担当から始めて総店長へ

何をやりたいのか分からないまま就職活動をする中で出会ったのが絶好調。スタッフの元気の良さがサッカーをやっていた私には同じスポーツマンのようだと共感して、卒業を待たずに働きはじめました。
ドリンク担当からスタートし、
2年目に店長になり、
その三年後には4店舗を統括する総店長に就任。
独立していくスタッフが多い中で、私は逆に絶好調を守っていこうという気持ちでした。起業するなんてまったく考えていませんでした。

株式会社國屋 代表取締役 國利翔

会社を守るために会社を変える。そのための働き方革命

それでも次第に自分なりのやり方で店を良くできるのではないかという思いが芽生えました。
当時はまだ営業時間を長くし、定休日も少なく店舗を運営していましたが、たとえ飲食業とは言えこれからの時代は違った働き方が必要だと、深夜営業などをやめて時間を短くし、きっちりと休日を取れるように変えていきました。
この短時間を全力で働いて成果を出すのは今でこそ絶好調のスタンダードですが、当時は理解してもらうのにはかなりの時間と労力がかかりました。
実践して利益を出すことで少しずつ信用していただけるようになり、定着させることができたのです。

株式会社國屋 代表取締役 國利翔株式会社國屋 代表取締役 國利翔

今はやりたいことだらけ。想像以上の自分に変わった。

独立して一人の経営者となった今でも自分が日々進化しているのを感じます。一緒に働く仲間やお客様への思いがより一層深くなりました。
やりたいことが見つからないまま就職活動をしていた私が、今では店舗も増やしたい、飲食ではない新規事業も始めるなどやりたいことだらけなのです。絶好調で働くうちに自分の可能性を見つけることができ、愛され方や応援され方まで学べたように思います。
自分が想像している以上のところへ行けるのが絶好調の魅力です。





先輩インタビュー

HOME > 先輩インタビュー > 営業時間減らし売上アップ

働き方革命から独立起業