接客業は天職

夢は客室乗務員

接客業は天職<br>
夢は客室乗務員

接客業は天職

夢は客室乗務員

絶好調湯田美香子 3つのポイント

  1. 唯一の苦労は繁盛店こその忙しさ、でもそれすら楽しい
  2. サポーター営業を実行してわかった、大人になっても熱く楽しめる!
  3. 夢は人を笑顔にする仕事につくこと

初日から朝礼に参加できた

絶好調で働くきっかけはお客として来た時にお店の雰囲気や空気感を気に入ったからです。
一回しか来てないのですが、1ヶ月後には働き始めて、初日から朝礼にも参加しました。今は四年制大学で英語を勉強しながら週2〜3回の出勤です。
五人兄弟の末っ子で実家が自営業だったこともありいつも周りに大人がいる環境で育ったせいか、人と話すことが好きなので接客は天職かもしれないと思うほど大好き。人見知りしないタイプです。

絶好調てっぺんアルバイト 湯田美香子

どうすればスタッフそれぞれの個性を引き出せる?

飲食店でのアルバイト経験はあったのですが絶好調に入って驚いたのは繁盛店で常に忙しいということです。
料理の提供が遅れてしまいそうな時でもクレームにならないように、場の雰囲気からお客様との関係づくりなどには気を使います。
忙しいのは大変だけど楽しいのですが、スタッフは様々なタイプの仲間が働いているので、忙しい状況でどうすればその人の個性を引き出せるだろうか?後輩たちをまとめるにはどうしたらいいだろう?ということをいつも考えています。
そんなことを考えている時間もまた楽しいんです。

絶好調てっぺんアルバイト 湯田美香子絶好調てっぺんアルバイト 湯田美香子

夢は客室乗務員だけど絶好調も続けたい

全社員さんに「いつもありがとう」を伝えるため、勤労感謝の日にサポーターだけで営業する企画を立てて実行しました。
アルバイト同士で会議をして料理を決めて、飲食部門だけでなく介護や保育部門の方にも招待状を届けるなど、部活みたいな雰囲気でみんなが協力し合って、大人でもこんなに熱く楽しめるんだなと感動でした。
将来は人を笑顔にする仕事に就きたいと思っていて、夢は客室乗務員になることですが絶好調でも働きたい気持ちもあって人生計画を練り直し中です。





HOME > 先輩インタビュー > 接客業は天職

夢は客室乗務員