昼間だけのシフト
掴めプロダンサーへの夢

昼間だけのシフト<br>掴めプロダンサーへの夢

昼間だけのシフト
掴めプロダンサーへの夢

絶好調仁科花子 3つのポイント

  1. 昼間だけ働く仕込み限定スタッフ第一号
  2. 初めての飲食業、いつも気にかけてくれる安心感に支えられた
  3. 夢はプロダンサー、「生き方」を応援してくれる環境

夢はダンサー、レッスンのために新たに用意してくれたポジション

プロのダンサーを目指しているので、夜はレッスンやショーのためにどうしても時間が必要。私の担当は仕込みで、11時から16時までにお店を整えて営業メンバーに引き渡すまでが仕事です。
それまで絶好調には仕込みだけのスタッフはいなく、私が初めての仕込みスタッフ。私がダンサーを目指していて夜に時間がとれないことを考慮してポジションを作っていただけたと聞いています。
これまでの職場では休日や時間の融通が難しく悩んでいたので応募して良かったです。

燗アガリ アルバイト 仁科花子

あなたのことをいつも気にしているよ、という先輩の思い

11時に店舗に出勤してまずすることは元気よく挨拶、誰もいませんし、真っ暗ですが気持ちが良いんです。
続いて掃除、テーブルのセット、メニュー磨き、おしぼり準備などお店をキレイな状態に戻しながら、電話や納品業者さんの対応を平行して進めていきます。
決められた時間内できっちり仕事をするのが大変だと感じたのも最初の3ヶ月だけ、今では私生活でも時間を気にしてきっちり動くようになりました。
仕込みメンバーも今では6人になり、外国人、障がいを持つ人など年齢層も広いメンバーがいます。
入りたての頃、先輩から「あなたのことをいつも気にしているよ」という思いで安心したように、私もコミュニケーションを取りながら楽しく仕事をしてもらえるように教えています。

燗アガリ アルバイト 仁科花子燗アガリ アルバイト 仁科花子

生き方を応援してくれる絶好調は家族のような存在

2020年までにはダンスの先生になるのが私の夢です。「あなたの踊りが見たい」と言われるダンサーを目指しています。
絶好調は一番を目指しているお店なので私もダンスで一番を目指したい。
誰かと同じ生き方をしなくてもいい、「ダンスをやりたい」という生き方を応援してくれる絶好調は家族のような存在。
こんなに夢を応援してくれる職場は初めてなので長く働きたいと思っています。





先輩インタビュー

HOME > 先輩インタビュー > 昼間だけのシフト
掴めプロダンサーへの夢